TOP > カンジダ > フルジゾールカプセル フルコナゾール 200mg
業界最速!最短5日で到着  フルジゾールカプセル フルコナゾール 200mg
フルジゾールカプセル フルコナゾール 200mgの画像1
フルジゾールカプセル フルコナゾール 200mgの画像2
通常便送料 700円
☆☆☆☆☆ 0件の口コミ

フルコナゾール配合のカンジダ治療薬です。

▼ラインナップをご確認下さい▼

ラインナップを選択
キャンペーン

フルジゾールカプセル フルコナゾール 200mgの口コミ

現在1投稿にあたり300ポイント(300円相当)をプレゼント中です。実際に製品を使用してみた感想をマイページよりお寄せください!皆様の投稿が皆様のお役立ち情報になります!

以下の情報は本剤の使用に関する一般的な情報または添付文書を元に表記しており、用法用量を指示するものではございません。使用に関しましては服用前に医師、薬剤師に相談のもと行ってください

基本情報

製品名称フルジゾール
主成分フルコナゾール
分量200mg
作用カンジダ属及びクリプトコッカス属による感染症、造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防、カンジダ属に起因する腟炎及び外陰腟炎に有効
製造会社M&H Manufacturing
配送国タイ

使用上の注意

以下の方は服用をお控ください

  1. トリアゾラム、エルゴタミン、ジヒドロエルゴタミン、キニジン、ピモジド、アスナプレビル、ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル、アゼルニジピン、オルメサルタン メドキソミル・アゼルニジ ピン、ロミタピド、ブロナンセリンを服用中の方
  2. 本剤に対して過敏症の既往歴のある方
  3. 妊婦又は妊娠している可能性のある方
  4. 薬物過敏症の既往歴のある方
  5. 腎障害のある方
  6. 肝障害のある方
  7. 心疾患又は電解質異常のある方
  8. ワルファリンを投与中の方

本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用をお控えださい

  1. トリアゾラム(ハルシオン等)
  2. エルゴタミン(クリアミン配合錠)、ジヒドロエルゴタミン(ジヒデルゴット等)
  3. キニジン(硫酸キニジン)、ピモジド(オーラップ)
  4. アスナプレビル(スンベプラ)、ダクラタスビル、アスナプレビル、ベクラブビル(ジメンシー配合錠)
  5. アゼルニジピン(カルブロック)、オルメサルタンメドキソミル、アゼルニジピン(レザルタス配合錠)
  6. ロミタピド(ジャクスタピッド)
  7. ブロナンセリン(ロナセン)
  8. ワルファリン
  9. フェニトイン、イブプロフェン、フルルビプロフェン
  10. セレコキシブ
  11. ロサルタン
  12. HMG-CoA還元酵素阻害薬(フルバスタチン)、アトルバスタチン・シンバスタチン等
  13. カルバマゼピン
  14. ミダゾラム、エプレレノン、メサドン
  15. カルシウム拮抗薬(ニフェジピン等)、ビンカアルカロイド系抗悪性腫瘍薬(ビンクリスチン・ビンブラスチン・エリスロマイシン)
  16. タクロリムス水和物、シクロスポリン
  17. リファブチン
  18. リトナビル、サキナビル、オキシコドン
  19. トルバプタン
  20. イブルチニブ
  21. フェンタニル
  22. リバーロキサバン
  23. テオフィリン
  24. 経口避妊薬
  25. スルホニル尿素系血糖降下薬(クロルプロパミド・グリベンクラミド・トルブタミド等)
  26. ナテグリニド
  27. トレチノイン
  28. ジアゼパム
  29. トファシチニブ
  30. シクロホスファミド
  31. アミトリプチリン、ノルトリプチリン
  32. ジドブジン
  33. リファンピシン
  34. 三酸化ヒ素

副作用

使用後、以下の症状が現れた場合は副作用の可能性があります。直ちに服用を中止、医師・薬剤師へご相談ください

種類症状
重大な副作用ショック、アナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、薬剤性過敏症症候群、血液障害、急性腎障害、肝障害、意識障害、痙攣、高カリウム血症、心室頻拍、QT延長、不整脈、間質性肺炎、偽膜性大腸炎
肝臓AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P、LDH、ビリルビンの上昇、黄疸
皮膚発疹、剥脱性皮膚炎
消化器悪心、しゃっくり、食欲不振、下痢、腹部不快感、腹痛、口渇、嘔吐、消化不良、鼓腸放屁
精神神経系頭痛、手指のこわばり、めまい、傾眠、振戦
腎 臓BUN、クレアチニンの上昇、乏尿
代謝異常低カリウム血症、高コレステロール血症、高トリグリセリド血症、高血糖
血 液好酸球増多、好中球減少
その他浮腫、発熱、倦怠感、熱感、脱毛、味覚倒錯、副腎機能不全

効果効能

アゾール系抗真菌薬で、真菌細胞膜の主成分であるエルゴステロールの合成を阻害し膜機能を障害するが、作用機序はラノステロールC14α脱メチル化酵素の阻害である。4

用法・用量

1日1回経口摂取する。

その他の注意

  1. 本剤の服用に際しては適宜、血液検査、腎機能・肝機能検査、血中電解質検査等を行うことが望ましい。
  2. アレルギー既往歴、薬物過敏症等について十分注意する。

保管方法

  1. 子供の手の届かないところに保管してください。
  2. 直射日光と湿気を避けて、涼しい場所で保管してください。
  3. 使用期限の過ぎたものを服用しないでください。
キャンペーン