TOP > 性病治療薬 > 淋病 ニューキノロン系 シプロクシル シプロフロキサシン 500mg
業界最速!最短5日で到着  淋病 ニューキノロン系 シプロクシル シプロフロキサシン 500mg
淋病 ニューキノロン系 シプロクシル シプロフロキサシン 500mg	の画像1
淋病 ニューキノロン系 シプロクシル シプロフロキサシン 500mg	の画像2
通常便送料 700円
☆☆☆☆☆ 0件の口コミ

シプロフロキサシン配合の淋病治療薬です。

▼ラインナップをご確認下さい▼

ラインナップを選択

淋病 ニューキノロン系 シプロクシル シプロフロキサシン 500mg の口コミ

現在1投稿にあたり300ポイント(300円相当)をプレゼント中です。実際に製品を使用してみた感想をマイページよりお寄せください!皆様の投稿が皆様のお役立ち情報になります!

以下の情報は本剤の使用に関する一般的な情報または添付文書を元に表記しており、用法用量を指示するものではございません。使用に関しましては服用前に医師、薬剤師に相談のもと行ってください

基本情報

製品名称シプロクシル
主成分シプロフロキサシン
分量500mg
作用ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、炭疽菌、大腸菌、赤痢菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プ ロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、インフルエンザ菌、緑膿菌、アシネトバクター属、レジオネラ属、ペプトストレプトコッカス属に有効
製造会社Farmaline
配送国タイ

使用上の注意

以下の方は服用をお控ください

  1. 本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギー症状を起こしやすい体質を有する方
  2. 高度の腎障害のある方
  3. てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある方
  4. 重症筋無力症の方
  5. 高齢者
  6. QT延長を起こすおそれのある方
  7. 大動脈瘤又は大動脈解離を合併している患者、大動脈瘤又は大動脈解離の既往、家族歴若しくはリスク因子(マルファン症候群等)を有する方

本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用をお控えださい

  1. ケトプロフェン(皮膚外用剤を除く)
  2. チザニジン塩酸塩(テルネリン等)
  3. ロミタピドメシル酸塩(ジャクスタピッド)
  4. テオフィリン、アミノフィリン水和物
  5. カフェイン、デュロキセチン塩酸塩
  6. フェニル酢酸系非ステロイド性消炎鎮痛剤、プロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛剤
  7. シクロスポリン
  8. ワルファリン
  9. スルホニル尿素系血糖降下剤
  10. ロピニロール塩酸塩
  11. メトトレキサート
  12. アルミニウム又はマグネシウム含有の制酸剤等、鉄剤、カルシウム含有製剤、マグネシウム含有製剤
  13. カルシウムを多量に含有する飲料(牛乳等)
  14. クラスⅠA抗不整脈薬、クラスⅢ抗不整脈薬
  15. セベラマー塩酸塩炭酸ランタン水和物
  16. クロザピン、オランザピン
  17. シルデナフィルクエン酸塩
  18. フェニトイン
  19. 副腎皮質ホルモン剤(経口剤及び注射剤)

副作用

使用後、以下の症状が現れた場合は副作用の可能性があります。直ちに服用を中止、医師・薬剤師へご相談ください

種類症状
重大な副作用ショック、アナフィラキシー、大腸炎、横紋筋融解症、間質性肺炎、低血糖、骨髄抑制、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、急性汎発性発疹性膿疱症、急性腎障害、間質性腎炎、痙攣、アキレス腱炎、腱断裂等の腱障害、錯乱、抑うつ等の精神症状、重症筋無力症の悪化、血管炎、QT延長、心室頻拍、大動脈瘤、大動脈解離
過敏症発疹、光線過敏症、蕁麻疹、瘙痒、発熱、発赤(結節性紅斑)、浮腫(末梢、血管、顔面、咽頭)、固定薬疹、血清病様反応
腎臓BUN上昇、クレアチニン上昇、血尿、結晶尿
肝臓AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、Al-P上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇
循環器 頻脈、失神、ほてり、低血圧、片頭痛
血液好酸球増多、白血球減少、赤血球減少、ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少、貧血、血小板増加、白血球増加、点状出血、プロトロンビン量増加、溶 血性貧血
消化器食欲不振、下痢、胃不快感、嘔気、口内炎、嘔吐、腹痛、腹部膨満感、消化不良、膵炎
感覚器眼内異物感、味覚異常、無嗅覚、嗅覚錯誤、一過性難聴、耳鳴、視覚異常
精神神経系振戦、頭痛、めまい、眠気、無力症、不眠症、不安、発汗、悪夢、幻覚、精神病、失調、末梢性ニューロパシー(しびれ感等)、筋緊張亢進、頭蓋内圧亢進、激越、意識障害
その他関節痛、倦怠感、筋肉痛、モニリア症、呼吸困難、胸痛、背部痛、関節障害、高血糖、筋無力症、CK(CPK)上昇

効果効能

細菌のDNAの複製時に必須な酵素であるDNAジャイレースに作用して、DNAの複製を阻害する。グラム陽性菌に対してはオフロキサシンとほぼ同等で、グラム陰性菌に対してはノルフロキサシン、オフロキサシンより優れ、嫌気性菌に対してはオフロキサシンと同等かやや劣る。

用法・用量

250〜500mgを1日2回経口摂取する。(ピルカッターをご利用ください)なお、感染症の種類及び症状に応じ適宜増減する。

その他の注意

  1. 大動脈瘤、大動脈解離を引き起こすことがあるので、観察を十分に行うとともに、腹部、胸部又は背部に痛み等の症状があらわれた場合には直ちに医師の診察を受けること。

保管方法

  1. 子供の手の届かないところに保管してください。
  2. 直射日光と湿気を避けて、涼しい場所で保管してください。
  3. 使用期限の過ぎたものを服用しないでください。